ダイエットで手に入れられなかった理想のボディを美容整形で

美脚の近道

ドクター

すらりとしたきれいな脚は誰もが憧れます。ミニスカートやショートパンツを履いて、自信を持って脚を見せたいという方も多いと思います。ダイエットで脚痩せに挑戦しても、元々脚が太くなりやすい人や、筋肉質の人など、なかなか脚痩せが難しいという方には、美容整形の施術をおすすめします。最近では切開する必要がない施術法もあるので、美容整形イコール恐いというイメージがあり、美容整形ではなくダイエットだけで頑張っていたという方も、施術が受けやすくなっています。特にふくらはぎは人目につきやすく、また筋肉もつきやすい場所です。切開する施術法ですと、傷痕が残ることが多く、目立ちやすくなります。しかし、現在では高周波の電流を使いふくらはぎを細くする施術法を扱う美容整形外科もあり、傷ややけどの心配もありません。筋肉質の方で、ふくらはぎを細くすることを諦めていた方でも、施術が可能です。施術を受けることで、女性らしいほっそりとしたふくらはぎが実現します。

これまでの施術法といえば、ボツリヌス・トキシンを注射する施術法がありましたが、数カ月から半年を目安にもう一度施術を受けなければいけないという手間がありました。また、専用の機器でふくらはぎの筋肉を焼く施術法もありましたが、神経や血管に傷がつく恐れがあり、リスクが高いものでした。しかし高周波電流でふくらはぎを細くする施術法は、身体への負担も少なく、施術時間もあまりかかりません。施術後は階段の上り降りや歩くときなどに力が入らないと感じることもありますが、一時的なものなので心配は不要です。直後の激しい運動などは制限されますが、施術した当日にシャワーを浴びることもできます。また、ハイヒールを履くと痛みや違和感が緩和されるので、準備しておくと良いでしょう。足首やアキレス腱を伸ばすようなストレッチをするのも良いですが、強いマッサージなどは避けましょう。

高周波電流で施術する場合、施術する部分は、それぞれの脚の外側か内側かを選択することができます。ダイエットだけでは難しい、狙ったところを確実に細くできるところが、美容整形の強みです。筋肉質のためふくらはぎががっちりしていたり、脚に脂肪がつきやすかったりと、どのようなパターンでも対応できます。担当医と相談しながら、それぞれの脚に合わせた箇所の施術を選択しましょう。注射だけで簡単に施術ができる場合もありますし、切開だけではなくいろいろな施術法があります。注射の施術法の場合も施術時間が短いというメリットがありますが、人によっては腫れたり内出血がみられる場合もあります。腫れは施術後数時間で治まる場合がほとんどですし、内出血も1週間ほどで落ち着きます。こちらの施術法も、シャワーは当日から可能です。施術の効果は長くて1ヶ月ほどであらわれます。施術後に気になる点がある場合は、すぐ担当医に相談してみましょう。ダイエットだけでは効果が出にくい脚痩せですが、美容整形で確実に理想の脚を手に入れましょう。